マーチンゲール法は1%未満の確率が起こりうる

連敗が長く続くような事態は、統計上確率としてはあり得ない状況と言えます。マーチンゲール法でゲームを攻略している際、8連敗以上負けが続いてこんなはずじゃなかったと感じることは多くあるでしょう。確率としても、8連敗は1%を切るような数字です。それでも起こってしまうのは、オンラインカジノは運が重要なゲームである為と言えます。

マーチンゲール法は1%未満の確率が起こりうる

運は重要な要素

マーチンゲール法は、8連敗以上で1万円以上の金額を1度に使うこととなり、相当なリスクを抱えています。10連敗もすると、500ドル以上失っていることとなりますので、回収するのは相当難しいです。投入できる金額の制限もありますから、どうしても厳しい状況になり、10連敗だけは避けたいと思ってしまいます。
ついていない状態が続いている状況になると、オンラインカジノでは当たらなくなり、マーチンゲール法が全くうまく行きません。同じ色に入れているのに、狙っている色と違うところにだけボールが落ちてしまい、ルーレットに当たらないなんてことも多くなってしまいます。運がなければ、マーチンゲール法は成功しない方法となります。
確率としては、6連敗の時点で1%を少し超える程度になっていて、100回に1回ペースで起こってしまうような状況です。ところがオンラインカジノに関しては、その100回に1回、それどころか100回に1回も起こらないような状況が、意外と頻繁に起こってしまうのです。運がなければ同しようもないのが、オンラインカジノのプレイ環境だと思ってください。

マーチンゲール法では10連敗は絶対避けること

マーチンゲール法では10連敗は絶対避けること

同じ色を狙い続けてもいいので、10連敗だけは避けるようにしてください。最大の理由は、1回のプレイで投入できる金額の制限が影響し、1024ドルもベットすることが出来ない可能性があるからです。ベット出来ない状況となってしまうと、マーチンゲール法で大きな損失を計上することが多くなってしまいます。
オンラインカジノとしては、かなり多くの金額が入れられるように調整していますが、1000ドルを超え始めると制限が付けられてしまいます。1000ドル未満で制限がかかっているオンラインカジノも有りますので、10連敗は避けたいところです。
連敗が続いている場合に、色を変えてしまおうと思っている人も出てきますが、同じ色にしていることが確率を高くする可能性もあるので、動かないようにして連敗を止める工夫をしましょう。