エコペイズの国際送金と他の手段との違い

エコペイズの送金手段として国際送金があります。
他の電子マネー決済やオンラインカジノの出金手段として用いられる方法でもあります。
しかし、他の送金手段に比べて、やや扱いにくい手段でもあり、利用される方が意外と多くありません。

なぜこのようなことになっているのか、今回国際送金がなぜ敬遠されてしまうのか、エコペイズには他にどのような送金手段があるのかについて紹介します。
これを読めばきっとオンラインカジノの決済手段であるエコペイズについて知ることができるでしょう。

エコペイズの国際送金と他の手段との違い

エコペイズの国際送金は不便な点が多い

エコペイズの国際送金は不便な点が多く大まかに5つのデメリットがあります。
それは、手間がかかること、時間がかかること、場合によっては送金に失敗すること、土日に対応していないこと、手数料が意外なところでかかることです。

まず、エコペイズの国際送金は手間がかかります。
入金時も国際送金に対応している金融機関でなければ、そもそも行うことはできません。
確かに入金の操作を行って指定の銀行口座を表示させることはできるものの、そこから更に国際送金を行うために国際送金に対応したネットバンクであれば振込の操作をしなければいけないのです。

さらに国際送金に対応していない銀行の場合は、実際のメガバンク系の大手銀行へ行って国際送金の手続きを行う必要があります。
出金の際も国際送金に対応している銀行口座であることが必要だったリ、口座番号や支店コードなどを入力するだけでなく、SWIFTコードと呼ばれる国際送金のために割り振られたコードを入力しなければいけません。
コードを調べるのも大変なうえ、手間がかかります。

送金されるまでの時間が長いのもデメリットです。
国際送金のため、銀行から銀行への手続きが必要になります。
この手続きは、時間がかかることが多く、場合によっては2週間程度かかります。
出金時に国際送金を利用するの場合多少不安は感じますが、ある程度待つことはできるかもしれません。
しかし、入金に関しても数日以上反映に時間がかかるとすれば、オンラインカジノをプレイしようとしても、かなり不便を感じるはずです。

場合によっては送金にも失敗します。
特に出金時は、送金手続きをしたのに手数料のみ発生し、肝心の送金が行われないというリスクもまれにあります。
エコペイズの場合、そういったことが珍しいものの、実際に起こらないとも限りません。
このリスクを背負って送金するのは不便です。

土日にも対応していません。
日本の銀行は、近年土日でも振込に対応するところも出てきましたが、いまだにそうでない銀行も多くあります。
こういった銀行の場合はもちろん、エコペイズ自体が対応していないケースもあるため、せっかくオンラインカジノの入金をしようと思っていたのに、しても受け付けただけで処理は翌営業日の月曜日ということになります。
土日対応に関しても国際送金は不便といえるでしょう。

手数料が意外と発生することもあります。
国際送金は、自分の銀行とエコペイズの銀行とを直接結んで取引するわけではありません。
実は、経由地としてコルレス銀行というポジションの銀行が関わってきます。
この銀行は、その国の窓口となる銀行の場合が多く、例えば地方銀行からエコペイズの銀行へ送金を行った場合、地方銀行からコルレス銀行に当たるメガバンクを経由してエコペイズの銀行へ行ったり、あるいはメガバンクから国際送金してもエコペイズのあるイギリス側のコルレス銀行を経由する必要があります。
そうなると手数料が多めに発生し、コストがかかるという不便さが発生してしまうのです。

エコペイズの国際送金は不便な点が多い

エコペイズの国際送金に似ているローカル入金や高速現地送金

エコペイズの国際送金は不便なことが多いのですが、これを解決する手段としてローカル入金や高速現地送金と呼ばれる手段が用意されています。
この方法は、エコペイズが現地の企業に入出金を委託してその企業とユーザーが現地でやり取りするものです。

エコペイズとは全く関係のない企業名の銀行口座に入金することや見知らぬ企業から入金があって不安に思ったり驚いたりすることもありますが、日本国内での送金になるため、早くて手数料も安いというメリットの多い手段となります。
国際送金が不便な分、こういった手段で現金の送金を行うという手もあります。

エコペイズは仮想通貨の送金も可能

エコペイズは仮想通貨の送金も可能です。
その種類は多く、ビットコインをはじめ13種類もの仮想通貨の送金に対応しています。
そのため仮想通貨を持っている場合は気軽に利用できる方法ですが、国際送金にはない弱点があります。
それは出金に対応していないことです。

つまりオンラインカジノにも仮想通貨という形で入金できないことや仮想通貨で自分のウォレットや仮想通貨取引所の口座に送金できません。
手数料も安く、高速で便利ですが、出金の際は高速現地送金や国際送金を利用する必要があります。

エコペイズは仮想通貨の送金も可能

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です