違法ネットカジノを定期的に第三者機関が確認する

安心してネットカジノでプレイを専念するために、そのネットカジノ運営業者が違法でないことをしっかり確認することが大事です。
ネットカジノは、国外では、現在大人気のゲームなので、2000以上ものネットカジノが存在しています。

それだけ運営企業も多く存在して、上場している大手の会社がネットカジノを運営していることもありますが、残念ながらただプレイをしようと思っている人たちから金銭をかすめ取ろうとしていることを目的としている違法業者もあります。

日本人の方々が、ネットカジノと向きあうため、違法業者とそうではないネットカジノ業者をしっかり見極める目を持ちたいものです。

違法ネットカジノ業者の見分け方

違法ネットカジノ業者の見分け方

日本人の方々は、ギャンブルに対しての警戒心って結構高いので、それぞれの方々がネットカジノはどのようなメカニズムで運営が行われているのかということだったり、運営元はどのような会社なのかということをリサーチした上で、安心できるネットカジノ業者を利用していることでしょう。

現在、ネットカジノは2000以上も存在しているから、どうしてもその中には、違法業者も存在してしまっているようです。

まず、違法業者でないかチェックする方法は、ライセンスです。
ライセンス取得をしていないネットカジノ業者は、絶対に合法的にネットカジノの運営はすることができません。

定期的に第三者機関が確認するシステム

ライセンスを取得していることは、ネットカジノにとって必要不可欠です。
しかし、ライセンスを取得しているネットカジノがライセンスの審査に合格することができたから後は法律のことなど関係なし、したい放題というのではライセンスの意味がありません。

実際に、ライセンスなしの違法業者をチェックしていればいいということだけでなく、ライセンスを取得している業者にも依然注意の目を向ける必要があります。
それはネットカジノにだけ関する問題ということではなく、すべてのお店に通じることです。

あるレストランでも、保健所の検査が入る日だけ丁寧に食材を扱い、消毒をしっかりしているということをしているかもしれません。

実際にそのようなことはお店だけでなく、小学、中学、高校の生活でも起こり得ることです。
学校では、時々持ち物検査をすることがありますが、その時だけ優等生のふりをしてマンガだったりゲームを持ってこないということもあるでしょう。

実際に学生たちは未成年なのですから寛容に見てあげる目も持つことができますが、会社が甘やかされて違法行為を働くというのは絶対に許されることではありません。

ネットカジノでは、そのような事態になってしまわないように、ライセンスを取得してからも第三者機関がしっかりとネットカジノを運営している業者に目を光らせています。

第三者機関とは、ネットカジノを運営している業者とは全く無関係の業者です。
そのような業者がいつも厳しい目でネットカジノ運営業者を監視しているからおおかたのネットカジノは安心してプレイをすることができるのです。

「私達はお互いに企業の中で厳しくチェックしています」。
それでもそのようなシステムでは、どうしても企業内で見て見ぬふりをしておこうという姿勢が生まれてしまうことでしょう。

つまり、厳しいチェック体制には、どうしても他者の目が必要なのです。

定期的に第三者機関が確認するシステム

TST(Techinial Systems Testing)

TST(Techinial Systems Testing)とは、ソフトウェアのフェア性を確認してくれる機関です。
米国の宝くじだったりラスベガスにおいてもスロットの機械などの監査をしている機関なので、監査に対しては相当信頼ができると言っていいでしょう。

違法ネットカジノ業者は、いい加減なソフトウェアが使用されて荒稼ぎしているのかもしれません。
そのようなソフトウェアを使用している以上、プレイしている方々はフェアになんて到底勝つことができないのです。

TSTの審査を合格しているということは、安心してプレイすることができるネットカジノの証しです。

eCOGRA(イーコグラ)

eCOGRA(イーコグラ)は、NPOなのですが、ここもネットカジノの公平性を確認してくれる機関です。

eCOGRAの存在以前は、プレイしている人たちとネットカジノ運営業者の間にあるルールが不透明な部分があったため、プレイヤーたちのここはちょっとおかしいんじゃないのかしら?という主張がなかなか通らない難しさがありました。

しかし、eCOGRAの存在によって、プレイしている側の人たちがしっかり守られるようになったと言っていいでしょう。

大事なのは、やっぱり監査機関が第三者によってもたらされることです。
eCOGRAでは、とても厳しい審査をしているため、ハードルの高い審査を合格してライセンスを取得した業者も弾かれてしまうことがあると言います。

また一回審査に合格しても、eCOGRAの監査は定期的に行われるので、油断をすれば認証が剥奪されてしまうということもあります。

まとめ

まとめ

いかがでしょうか。
どのネットカジノが違法業者でないのか、見極める方法としてしっかり第三者機関にも目を向けてみるといいでしょう。

このような視線を持つことで違法性のあるネットカジノでプレイをするリスクを回避することができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です